伊藤義弘の引退後は教師?年棒と結婚した嫁は?バット直撃動画もあり

スポンサーリンク

こんにちは。りっきーです!

毎年恒例のTBSで放送されている「プロ野球戦力外通告クビを宣告された男達」

2016年12月30日に放送されます。

前回の記事で元中日ドラゴンズの西川健太郎選手をご紹介しましたが

戦力外通告の西川健太郎(元中日)の今後の進路!嫁は美人で子供は?

今回は同番組に出演される元千葉ロッテマリーンズの伊藤義弘さんをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊藤義弘さんのwiki風プロフィール

  • 【名前】伊藤 義弘(いとう よしひろ)

  • 【生年月日 】1982年6月2日

  • 【出身地 】福岡県福岡市早良区

  • 【身長 】177cm

  • 【体重 】75kg

  • 【血液型 】B型

  • 【ポジション】右投右打 投手

  • 【背番号 】30

  • 【経歴】

飯倉中央小学校


原中学校


東福岡高校


國學院大學


JR東海


千葉ロッテマリーンズ (2008-2016)

伊藤義弘さんは2007年のプロ野球ドラフト会議で社会人から即戦力としてプロ入りし、

1年目から中継ぎとして活躍、2010年の日本シリーズでは胴上げ投手にもなった選手です。

実力はあるにもかかわらず怪我に悩み、戦力外通告を受けました。

やっぱりプロはシビアですね。

現役で活躍されている選手達は本当に凄いんだなぁと思います。

伊藤義弘さんのプロ入り前

伊藤義弘さんは福岡市立飯倉中央小学校出身で、小学校の頃はソフトボールをやってたそうです。

中学校は福岡市立原中学校で軟式野球部に所属

高校は東福岡高等学校で野球部に所属

東福岡高等学校といえばスポーツが有名でプロ野球選手も何人も輩出しています。

僕の生まれは熊本ですが、熊本でも部活動をしている人には東福岡高等学校は有名です。

1999年伊藤さんは2年生で二番手投手として県大会でリリーフで活躍し夏の甲子園の出場に貢献しました。

しかし、結果は初戦で青森山田に負けてしまいました。

2000年伊藤さんは3年の夏に140km/h近い速球とカーブを武器にエースとなりますが、

県大会準々決勝で現・読売ジャイアンツの香月良太(かつきりょうた)を擁する柳川高校に7回コールドで敗れてしまいます。

大学は國學院大學に進学150km投手と注目されましたがドラフトで指名されませんでした。

卒業後はJR東海へ。

JR東海では MAX153km のストレートと縦スライダーを武器にリリーフで活躍しました。

2006年に都市対抗野球に出場、2007年はチームは予選で敗退しますが、補強選手として都市対抗に出場してチームのベスト8入りに貢献。

千葉ロッテマーリンズに入団

2007年のプロ野球ドラフト会議で、葉ロッテマリーンズから4位指名で入団。

契約金6,000万円、   年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団しました。

入団を機に、現役を退いた小林雅英(こばやしまさひで)選手から背番号30を引き継いでいます。

小林さんといえば数々の記録を残しメジャーにも行った選手ですね。

そんな名選手から背番号を引き継ぐって光栄ですね。期待されてたのがよくわかります。

伊藤義弘さんはその期待通り入団後すぐに活躍します。

2008年には新人ながら開幕一軍入りを果たし、チーム4位の51試合に登板防御率3.05の成績を収めました。

2009年も活躍の場面は増え、前年を上回るチーム最多の56試合に登板。

防御率4.55・2勝6敗と不安定ながらも12ホールドを挙げるなど、この時期くらいから

徐々に中継ぎ投手としての地位を確立します。

2010年には、右肩痛で離脱したこともあったが、65試合に登板する活躍を見せた。

中日ドラゴンズとの日本シリーズでは4試合に登板。第4戦では決勝打を浴びて敗戦投手になったが、

第7戦では12回表に犠打を決め、投げても2回を抑え、胴上げ投手となった。

2011年  この年から伊藤さんは怪我に悩まされます。

9月1日の対日本ハム戦で打者・陽岱鋼(ようだいかん)の折れたバットが左すね内側を直撃

救急車で習志野市内の病院に運ばれた。検査の結果「左下腿三頭筋打撲と挫創」と診断されました。

動画をみていただくとわかるかと思いますが、見えないところからなのでかなり痛そうですね

2012年には、春季キャンプ中の右肩痛発症を皮切りに、脇腹、右肩、ぎっくり腰、右肘、仙腸関節炎と故障を頻発しました。

シーズン終盤の9月26日の対日本ハム戦でようやく復帰しシーズン初登板を果たしますが

それ以降は6試合の登板にとどまり、プロ入り後続いたシーズン50試合登板が4年で途切れてしまいました。

2013年には、開幕一軍入りで復帰を果たしましたが

3試合目の登板で6失点、その後も投球内容に精彩を欠いてしまいます。

9月には右肘関節鏡視下の手術を受けています。

2014年には、リリーフ陣に故障者が相次いだことで8月に一軍へ復帰しますが

一軍公式戦への登板試合数がプロ入り後最少の5試合にとどまります。

2015年には、一軍公式戦で7試合に登板。1ホールドを記録しますが、勝敗は付きませんでした。

この年の防御率は5.40でした。

2016年   入団後初めて一軍公式戦への登板機会がなく、

10月1日に球団から戦力外通告を受け、12月2日、自由契約公示されました。

ロッテ退団後

戦力外通告後、伊藤さんの意向は現役続行や、社会人野球への復帰を希望しました。

オファーがなければ現役を引退する意向だったのですが、 、、

2016年11月12日に阪神甲子園球場で開催された12球団合同トライアウトに参加すると、

2人を凡退させる一方で、1人に右前打を許しました。

結果は読売ジャイアンツから声がかかり入団テスト

しかし、結果は不合格

伊藤さんはーテスト終了後の11月19日に現役を引退することを表明しました。

年棒と成績

伊藤義弘さんの現役生活は8年間でのさんの成績は
登板257 先発0 完投0 6勝13敗1セーブ71ホールド 272.1回 249奪三振 防御率3.83でした。

【年棒】

年齢は年俸反映の年時点の満年齢。年俸は推定額。

年度 年俸(万) 差額 年齢 球団
2016 2400 -600 34歳 ロッテ
2015 3000 -800 33歳 ロッテ
2014 3800 -1200 32歳 ロッテ
2013 5000 -1000 31歳 ロッテ
2012 6000 1000 30歳 ロッテ
2011 5000 2000 29歳 ロッテ
2010 3000 900 28歳 ロッテ
2009 2100 1100 27歳 ロッテ
2008 1000 0 26歳 ロッテ

参照:球歴.com

伊藤義弘選手の引退後の進路は?

引退後の伊藤さんの引退後の進路は体育教師です!

教員免許を取得する目的で、2017年から改めて大学へ進む予定だそうです

伊藤さんは次のように語っています

「トライアウトを受けたうえに、(巨人への入団)テストまで呼んでもらったので、

選手生活への未練は全くない。今後は、『野球を教える』というよりも、

JR東海やロッテ時代に得た社会経験を還元するために中学校か高等学校の教師になりたい」

元プロ野球選手の体育教師って珍し過ぎますよね。

プロの1軍で活躍し怪我の苦しさやプロの厳しさを身をもって経験しているので

良い先生になることは間違いないでしょうね。

是非とも次の夢に向かって頑張ってほしいです。

伊藤義弘さんの結婚した嫁は?子供は?

伊藤さんは結婚されていて子供は3人(長男、長女、次男)いらっしゃいます。

奥さんは元看護師で名前は中西沙綾(なかにしさや)さん

出会いは知人の紹介で地元はお互いに福岡なんだとか

2009年のオフに結婚されており、当時伊藤さんは27歳、中西沙綾さんは28歳

年上の姉さん女房なんですね。

冒頭の「プロ野球戦力外通告クビを宣告された男達」の予告動画に映っていますが

美人でしっかりしてそうですね。

お子さん達も元気で可愛く幸せそうです。

伊藤さんが怪我で試合に出れなかったりリハビリに苦しんでいる時も

奥さんやお子さん達の笑顔で支えられたそうなので、

これから、体育教師になると決めた時もきっと後押ししてくれたと思います。

まとめ

東福岡高校で1999年に夏の甲子園に出場

卒業後は國學院大學に進学しドラフト指名されず、社会人のJR東海へ

2007年ドラフト会議で4位指名で千葉ロッテマリーンズへ入団

プロ1年目から即活躍し1年目から4年連続50試合登板を記録

2010年の中日ドラゴンズとの日本シリーズでは胴上げ投手になる

2011年に日本ハムとの試合で打者の折れたバットが左すね内側に直撃

2012年以降は故障に苦しみ、登板数が激減する

2016年に戦力外通告を受け現役続行を希望

トライアウトで読売ジャイアンツから声がかかり入団テストを受けるが不合格で引退

引退後は体育教師になる為に2017年に大学に入り直す予定

奥さんは元看護師の中西沙綾さんで子供は3人

2016年12月30日に放送される「プロ野球戦力外通告クビを宣告された男達」

でもっと詳しく紹介されると思うので楽しみですね。

よろしければ同番組で一緒に紹介される西川健太郎選手も

前回の記事で紹介しているのでお読みください。

戦力外通告の西川健太郎(元中日)の今後の進路!嫁は美人で子供は?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク