市川右近(市川右團次)のwiki風!3度の結婚と息子のタケルくん

スポンサーリンク

こんにちは。りっきーです!

皆さんは歌舞伎俳優の「市川右近」(いちかわうこん)さんをご存知ですか?

歌舞伎に興味がない方でも、ワンピースを歌舞伎風にしたスーパー歌舞伎や

またテレビドや歌舞伎以外の舞台への出演も多くあるので

名前は知らなくても顔は見たことあるって方は多いんじゃないでしょうか。

最近では

そんなマルチに活躍する市川右近さんですがお子さんがいらっしゃいます。

名前は武田タケルくんと言います。

年齢は6歳(2016年12月22日現在)で

小学校は大学までの私立一貫校に無事合格したそうです。

小学校受験は市川右近さんが希望していたらしく、なんでも

「中学受験だと、変声期前の“子役の黄金期”が受験勉強に重なる。」

とのことで、息子さんをすごく大事にするとともに将来を期待しているのが伺えますね。

ちなみにお二人は2017年1月の「壽 新春大歌舞伎」(新橋演舞場、3~27日)にて

3代目市川右團次(いちかわうだんじ)を襲名し、長男の武田タケルくんが

2代目市川右近(いちかわうこん)を名乗り「雙生隅田川(ふたごすみだがわ)」で初舞台を踏むそうです。

右近さんはもちろんですが、息子のタケルくんも今後の活躍に要注目ですね!

今回はそんなお二人についてまとめたいと思います。

まずは市川右近さんから

スポンサーリンク
スポンサーリンク

市川右近(市川右團次)さんのwiki風プロフィール

・【生年月日】1963年11月26日
・【本名】武田右近(たけだうこん)
・【血液型】A型
・【出身地】大阪府
・【学歴】慶應義塾大学法学部政治学科卒業

・【婚姻歴】3回

右近さんは元々は歌舞伎一家の出ではありません。

元は有名な日本舞踊の名家らしく、父は日本舞踊飛鳥流家元の飛鳥峯王(あすかみねお)です。

日本舞踊の家元の長男に生まれながら、小学校3年の時に市川猿之助さんの演技を見たことで歌舞伎の虜になり11歳の時に市川猿之助さんの第1号の部屋子となりました。

歴史ある日本舞踊の家元に生まれながら歌舞伎の道を選んだ右近さん

道は違えど歌舞伎も歴史ある日本の伝統文化で世界に誇れるものだと思うので

これからも国内外で活躍してほしいですね。

結婚は3回目!今の嫁も元嫁も美人!

市川右近さんは私生活で3回結婚されています。

市川右近さんが最初の結婚をされたのは平成3年です。

お相手は元モデルさんで1年足らずで離婚されました。

離婚理由は明らかにされていませんが、まだまだ若く忙しい時期だったので、

すれ違いが原因だったのかもしれないですね。

2回目の結婚は、平成11年8月。

1年半の交際後、元スチュワーデスの天羽亨子さんという方と結婚されました。

しかし、この方とも約3年で離婚。

原因は、元嫁のの亨子さんが結婚後すぐにサルサに出会い

日本一を目指せるほどのレベルにまでなってしまったらしいです。

梨園の妻といえば、しきたりや決まりごとで厳しい中でも

歌舞伎俳優の旦那を影でしっかり支えるというイメージなので

奥様も忙しくなるとうまくいかないのかもしれないですね。

ちなみに、元嫁のお二人とも美人で有名だそうです。

今現在の奥様と3回目の結婚をしたのは、2006年12月。

今回のお相手は明子さんという方で、は右近さんの10歳年下で初婚。

学生の頃には雑誌のモデルもしていたという、これまた美女です。

今回の結婚は10年とこれまでと比べると長く続いていますが、

理由としては、右近さんの師匠である猿之助さんが脳梗塞で倒れた時

師匠なき一門を一番弟子としてまとめようと奔走していた右近さんを陰で支えてくれたらしく

右近さんが命をかけてきた歌舞伎を影で支え理解してくれている良き妻に出会えたからかもしれません。

美人で旦那さん想い。右近さんは幸せ者ですね。

待望の第一子タケルくん誕生!学校は?

右近さんと明子さんが結婚されてから3年。

右近さん待望の第一子であるタケルくんを明子さんが授かりました。

生まれてきたのは3481gの立派な男の子で

師匠から受け継いだ歌舞伎を後世に伝えていきたいと強い想いがあったこともあり

男の子が生まれてきて大変喜んだそうです。

出典:(stardust.co.jp

・【名前】武田タケル(たけだたける)

・【生年月日】2010年4月18日
・【出身地】東京都
・【趣味】旅行・チャンバラ
・【特技】すぐにお友達ができること

タケルという名前は、猿之助さんが始めたスーパー歌舞伎の第一作「ヤマトタケル」からとったそうです。

右近さんはタケルくんに歌舞伎が大好きになるように教育し「歌舞伎づけ」の教育をされてきたそうです。

その甲斐あってかタケルくんの将来の夢は小さい頃から「歌舞伎俳優」

夢は叶い来年の1月にはお父さんの名を継ぎ「市川右近」として襲名し初舞台を踏みます。

父である右近さんの夢も叶い、名付けの親である猿之助さんも大変嬉しいでしょうね。

学校は大学までの私立一貫校に受かったということしかわかりませんでした。

特技に「すぐにお友達ができること」とあるので

どこにいかれても元気に頑張ってくれると思います。

今後は父・3代目市川右團次と子・2代目市川右近として歌舞伎界を盛り上げてほしいですね。

まとめ

今回ご紹介せていただいた市川右近さん

芸に身を置き一生を捧げるという苦労は正直僕には計り知れないですが

3度の結婚を経験し3度目の正直でやっと支えてくれる良き女性と出会い

お子さんのタケルくんも生まれ

大好きな歌舞伎の道を愛息子と歩むことが出来るというのは

これ以上とない幸せだと思います。

僕は調べるまで歌舞伎に興味がなかったのですが、機会があれば観たいと思うようになり観る前からファンになりました。

今、一番乗ってる親子だと思いますので

これからも世界に誇る日本の伝統文化として歌舞伎界を引っ張っていってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク